医療モールとは

医療モールとは

内科・外科・耳鼻咽喉科・小児科・産婦人科・皮膚科・眼科・歯科など、診療科目が異なる複数の診療所と調剤薬局が一つの建物やエリアに集合体として構成されます。
都市部では、一つのビル内に複数テナントとして同居する形態(医療ビル、商業施設内)が多く、また地方では、駐車場を共有して複数の診療所が立ち並ぶ形態(医療ビレッジ)もあります。

医療ビル
医療ビル
商業施設併設型
商業施設併設型
医療ビレッジ
医療ビレッジ

医療モールは、地主(オーナー)・クリニック(ドクター)、患者(住民)、
の三方良し

オーナー

オーナー

社会貢献度
自身の不動産を通じ地域に貢献ができる
医療モールが地域ランドマーク化となりステータス性が上がる
地域に欠かせない医療機関を誘致することで、地域住民から喜ばれる
一般テナントや住居よりも空室リスクが少なく収支安定性が望める


医師

医師

医療サービス性
専門他科との連携で質の高い医療を提供できる
複数の専門科目が集中することで、相乗効果が期待できる
駐車場、看板、広告を共同利用することでブランド化しやすい
医療モールとして存在を打ち出すことで、認知性が高まる


患者

患者

受診利便性
複数の診療科をワンストップで受診することができる
待ち時間を短縮することができる
健康セミナーやイベントにより相談しやすい環境にある