各エリアでの医療モール構成例

駅前立地に見る医療モールタイプ

それでは、駅前、再開発、ロードサイド、それぞれのエリアでの具体的な医療モール構成例をみていきましょう。

駅前土地活用例

駅前70坪という条件での活用事例です。70坪だとマンションには小さすぎ、コインパーキングでは思うように収益を上げられないと考えるオーナー様もいると思います。しかし、医療モールであれば、このような面積でも十分活用することができ、容積率が高いエリアであれば、6階建てのビルを建て、薬局と、5科目のクリニックで構成することも可能です。容積率が低いエリアの場合は、薬局と、3科目のクリニック構成が基準となります。


>医療モールタイプ事例

再開発エリアは医療モール+マンション

再開発エリア土地活用例

右図のように、5階以上の中高層建てのビルであるならば、中上層部を賃貸または分譲マンションとして活用するのが有益です。また、1階には薬局だけではなく、コンビニやカフェ、理美容院や郵便局などを併設すれば、地域の人の流入が活性化します。多くの人が集まり、かつ安心できる複数の医療施設が入居する医療モール+マンション型は、地域貢献の役目も担い、オーナー様の社会的信用度の獲得、ステイタスアップを図ることが可能です。


>医療モール+マンション事例

郊外は、ビル型以外にヴィレッジという選択肢も

ローサイドエリア土地活用例

ロードサイドでの医療モールを成功に導くポイントは、「バックグラウンド」、「道路」、「立地」、「診療科目、駐車場」の4点が挙げられます。

バックグラウンド
周辺に住宅地が広がり、居住人口が多い。住民が車を主要交通手段としている。
道路
駅と住宅地の間に位置する。周辺の住民が駅へと向かう動線上にあり、買い物などで日常的に使用する道路である。
立地
広い間口であること。通行者から認識しやすい、直線道路沿いや交差点の近くにある。
診療科目・駐車場
クリニック数は3~4科目以上必要であり、さらに1〜2件分のテナントスペースを設けることも有効。車での来院が主体となるため、最低でも入居クリニック数×車5台分の駐車スペースを確保。フロア面積と駐車場で総じて200坪以上の面積が必要(フロア面積60坪+駐車場140坪)。

上記が、ロードサイドを活用する医療モールのポイントですが、広大な土地を所有しているオーナー様の場合、ビル型ではなく「医療ヴィレッジ」という方法もあります。

例えば、500坪もの土地ならば、賃貸や分譲マンション、アパートの土地活用が一般的ではありますが、駅から離れるなど、アクセスが至便ではない場所は入居者の獲得に苦戦し、また、家賃や物価も低い設定になる傾向にあります。このようなロードサイドでの広範囲の土地の活用法として、昨今、注目を集めているのが医療ヴィレッジです。

右図のような十字に交差する道路に面し500坪の土地を所有するオーナー様の場合、1戸建て40坪のクリニックを3軒、薬局を1軒入居。駐車場は1軒につき、15台分のスペースを確保する計算で、300坪をあてます。

一戸建ては、ビルよりも建設コストが抑えられることからリスクも少なく、また、閉鎖感がないデザインのため、より地域に親しみ貢献することが可能です。


>ヴィレッジタイプ事例